終活の最新情報をお届け

素材や・価格・宗派にも注目 仏壇の選び方

仏壇には大きさや素材、本尊など選ぶポイントが沢山あります。それぞれの仏壇の特徴や注意点などを種類別にまとめました。家族と相談しながら選んでいきましょう。

仏壇の種類

仏壇の決め方

宗派✕お部屋のスペース✕予算

1. お部屋のスペースの確認

一戸建てやマンションなど住居や家族構成によって、仏壇を置くスペースが異なってくると思います。仏壇の形には床置きタイプと上置きタイプがあります。旧家のような広いスペースのある場合は、豪華絢爛な金仏壇を設置しているご家庭も多いです。
三尺仏間を設置したいご家庭は、壁内に仏壇が入るよう家を建てるときにスペースを設けることが多いですが、最近ではそういったスペースを設けていない自宅も増えています。そういった場合、居間にインテリアのように置けるモダン仏壇が人気。
モダン仏像の場合、床置き(台付き)でも上置きでもインテリアのようにしっくりおさまるため、洋室ばかりのご自宅でもお部屋の雰囲気にぴったり馴染むデザインです。

2. 宗派によって仏壇の素材や外観、本尊などが異なる

仏壇には金仏壇や唐木仏壇といった2種類の仏壇があります。
一般的に金仏壇は真宗系の宗派の方が安置しています。それ以外の宗派の場合、唐木仏壇を安置することが多いです。
また宗派によって本尊や脇掛が異なります。本尊は大日如来や阿弥陀如来、釈迦如来、脇掛は布教した高僧などが掛けられます。

3. 予算について

購入したい仏壇のイメージが固まったら予算内で仏壇を探します。
唐木仏壇の場合、どういった素材の木材を使っているかだけではなく木材が接ぎ木されているかいないかなどでお値段が変わってきます。
どういった部分を重視するかは故人とご家族になるので、自分の希望の優先順位を決めておきたいですね。

宗派別の仏壇