終活の最新情報をお届け

素材や・価格・宗派にも注目 仏壇の選び方

仏壇には大きさや素材、本尊など選ぶポイントが沢山あります。それぞれの仏壇の特徴や注意点などを種類別にまとめました。家族と相談しながら選んでいきましょう。

仏壇について

実家にすでにお仏壇がある人、これから新しく購入しようか迷っている人さまざまだと思います。しかしお仏壇にはある程度決まりがあったりします!お仏壇の種類や歴史、ルールなどについてみていきましょう。

そもそもお仏壇とは

お仏壇とは小さな寺社仏閣のこと

お仏壇とはそもそも何か?これは家の中に置く小さな寺院を表しています。

お寺には立派な仏像が祀られていますよね。家でもお釈迦様や仏様にお祈りできるように、お寺の本尊を小さくしたものがお仏壇なのです。

そのためお仏壇は元々貴族階級しか持っていませんでした。現在では多くの家庭にお仏壇が置かれ、本尊の横に位牌を置いて毎日供養できるようになって嬉しいですね。

しかし最近では住宅の観点などから、仏壇離れという言葉も出てきているのです。お仏壇は決して難しいものではないので、どのように日常の生活の中で触れ合っていけば良いかをみていきたいと思います。

仏壇の歴史

仏壇は日本に仏教が伝来した飛鳥時代に入ってきました。その時代、仏教は権力のある一部の人のみが信仰している教えでした。そして先述したように、仏壇も一般庶民には手の届かないものでした。

しかし鎌倉時代に浄土宗や浄土真宗など、一般庶民にも仏教の教えが広がっていきます。室町時代に浄土真宗の蓮如上人が、庶民にも仏壇を置くように布教しました。それによって各家庭にもお仏壇が普及していきます。

仏壇の種類について

お仏壇には、宗派によって置く仏壇がある程度決まっています。

無宗派のお仏壇ならどの宗派でも置くことができますが、ご家庭によっては檀家であることも多いと思うので、前衛的なデザインの仏壇だと反対されることもあるかもしれません。そのため、まずは宗派とお寺の関係をチェックしてからどういった仏壇を購入するか決めていきましょう。

金仏壇

金仏壇は、いわゆる浄土系の宗派のご家庭に置かれるお仏壇です。黒に金の装飾が施された豪華絢爛な作りで、天国である極楽浄土を表しているお仏壇です。

浄土系は、子や親族が供養することによって、故人が成仏されるということで、お仏壇を置いているご家庭が多いです。

金仏壇の場合、黒に金というデザインで大きな違いはありません。しかし大きさや金塗装なのか、金箔を使用しているのかなどでお値段が変わってきます。

唐木仏壇

唐木仏壇

唐木というのは和木の反対語で、海外製樹木を指す言葉です。

日本仏教の母と呼ばれる天台宗や密教の真言宗、禅を取り入れる曹洞宗などが唐木仏壇を使用します。唐木仏壇は使用される木材やデザイン、色などによって印象が大きく変わります。

禅宗の場合は暗めで質素なデザインが多い…などの傾向がありますが、基本的にはデザインや色に大きな規制があることは少ないです。

そして唐木仏壇では主に以下の木材が使用されています。

黒檀(こくたん)

別名エボニーといいます。重くて硬い質感が仏壇に向いているので、重宝されてきました。色は種によって異なり、漆黒のものから縞模様のものまであります。

東南アジアが原産ですが、現在では資源保護の観点から原産国での輸出が禁止されています。そのため総無垢黒檀で作られたお仏壇などは希少価値の高く、高級品になります。

紫檀(したん)

別名ローズウッド。こちらも東南アジアが原産で、赤茶~紫の色合いの色になります。黒檀も硬い木ですが、紫檀はより硬い木と言われています。そのため紫檀もお仏壇に向いている材木で、人気の素材になります。

鉄刀木(たがやさん)

茶色と黒が混ざり合ったような木目をしている鉄刀木も、黒檀・紫檀と共に唐木三木と呼ばれる高級品です。こちらも非常に硬く思い特徴を持っているので、唐木仏壇で人気の素材です。

最近では和木である桑(くわ)や楡(にれ)、欅(けやき)、桜、タモ、栃(とち)などといった素材でお仏壇が作られることもあります。しかし和木の場合は明るい色合いになるため、深い色味になるには時間が掛かったり、染色していることがあります。

また製法についてですが、唐木三木のように、希少価値の高い木材をそのまま使うのではなく、芯材を入れてお仏壇にすることが多いです。

原木をそのまま使用するほうがやはり木の風合いを楽しむことができますが、やはり高価ですし、デザインがしにくいというデメリットがあります。一方芯材を多く利用しているお仏壇は木の風味は減ってしまいますが、デザイン性が高いものが多いです。

モダン仏壇

近年新しい形のお仏壇として登場して、徐々に人気が出てきています。家具調仏壇といってインテリアに馴染むものから、洗練されたデザインのもの、珍しい木材を使用したものなど、デザインも素材も自由度の高いお仏壇です。

核家族化がすすみ、和室が無くお仏壇を置く場所がないマンション住まいなどの人も増え、仏壇離れが進んでいます。そのため、モダン仏壇のように洋室にも馴染むお仏壇が人気となってきています。

モダン仏壇の場合も床置きのものから卓上のものまで様々です。どんなデザインであったとしても、本尊と脇掛けを準備することが重要です。

祖霊舎

祖霊舎は、神道の祭壇になります。神道では供養という考えでは無のですが、ご先祖様が自分たちを見守ってくれるための社を置きます。

祖霊舎は木のナチュラルな風合いを活かしたデザインのものが多く、神棚と同じように榊を置くこともあります。仏式では仏具を置きますが、神道の場合は神具を置きます。

キリスト式祭壇

キリスト教では故人は天国に行くという考えなので、故人を祀るということはありません。しかし故人を想い弔うスペースを設けているクリスチャンも多く、主に写真と十字架などを飾ることもあります。

お仏壇でもオープンタイプのモダンなタイプのものでしたら、宗派問わず使用できるものが多いです。