終活の最新情報をお届け

素材や・価格・宗派にも注目 仏壇の選び方

仏壇には大きさや素材、本尊など選ぶポイントが沢山あります。それぞれの仏壇の特徴や注意点などを種類別にまとめました。家族と相談しながら選んでいきましょう。

唐木仏壇

唐木仏壇

唐木仏壇は浄土宗・浄土真宗以外の宗派で用いられるお仏壇で、禅宗や真言宗、天台宗などが唐木仏壇を使用することが多いです。

また一言に唐木仏壇といっても、使われる木の種類や色によって雰囲気が変わりますが、端正で重厚感のあるお仏壇が多いのが特徴です。

唐木仏壇の歴史や特徴

唐木仏壇の歴史

唐木仏壇の歴史は江戸時代からで、100年以上の歴史を持ちます。重厚な作りが印象的な唐木仏壇は日本人にとって馴染の深いものです。

唐木仏壇の生産が有名な地域

唐木仏壇の産地で有名なのが静岡と徳島です。静岡では木工産業が盛んで、東京に唐木仏壇を供給しています。

また徳島も元々木工産業が盛んな地域で、唐木仏壇だけではなく和木での仏壇も作っている地域です。

唐木仏壇で使われる木材

唐木というのはそもそも「外国産の木材」という意味で、唐木仏壇は主に東南アジアの木材で作られることが多いです。その中でもよく用いられるのが黒檀・紫檀というものです。

黒檀(コクタン)

インドネシア産のカキノキ科の木材です。硬くて光沢があるので仏壇に向いている木材です。最近では新規での流入が無くなってきているため、他の木材が用いられることが多いです。

黒檀は青黒檀・本黒檀・真黒の3つに分類され、特に青黒檀はタイ産で滅多に見かけない素材です。

紫檀(シタン)

別名ローズウッド材の紫檀は赤褐色~紫までの色味のある木材です。日本では東南アジアから輸入することが多かったのですが、過剰な伐採により近年では枯渇している材木の一つです。

鉄刀木(タガヤサン)

深い色合いが人気の鉄刀木ですが、こちらも同様資源国で保護のため輸出禁止となっている木材です。そのため新たに仏壇で作られるということはほとんど無いといわれています。

メイプル

ローズウッド系の木材が全面的に輸出禁止となったので、メイプルが代用されることがあります。メイプルはカナダが産地の材木で、北欧らしいテイストの独特な模様が印象的です。ただメイプルは伝統的なお仏壇よりも、モダン仏壇でよく用いられる傾向があります。

唐木仏壇の価格帯

唐木仏壇ですが、現在流通量がほとんど無い黒檀・紫檀、中でも本黒檀紫檀製のものであれば高額なお値段になることほとんどだと思います。

一方で数万円で黒檀・紫檀のお仏壇が販売されているならば、それは切断した木材を貼っているか木目調のプリントの場合がほとんどでしょう。

現在では黒檀・紫檀の流通が極端に減少しているので、国産で黒檀・紫檀を栽培しています。しかしこれらのローズウッド系の木材の成長は非常に遅いため、本黒檀のような作りのお仏壇の場合は価格が急上昇しつつあります。

唐木仏壇の製法について

唐木仏壇のような木工製作は、全て黒檀のような原木を使用する総無垢と呼ばれる製法から芯材を利用してその周りに黒檀を張り付ける、四方練りなど様々な方法があります。

現在では黒檀のような希少価値の高い木材をそのまま使用(総無垢)したお仏壇はほとんど無く、芯材を使用します。総無垢のお仏壇はやはり最高級品です。しかし原木をそのまま切り出して使用するため、デザインに限界があるといわれています。

突板張りは安価ですが、やはりデザインを柔軟に作製することができるので、お仏壇を素材で選ぶのか、デザインで選ぶのかは個人の好みになってきます。

やっぱり本黒檀が人気で高価

黒檀・紫檀は唐木仏壇の中でも人気ですが、やっぱり黒の本黒檀はその端正で威厳のある雰囲気から根強い人気があります。紫檀も人気ですが、黒檀よりも価格帯が安いところが魅力的ですね。

人気の唐木仏壇10選!

風格漂う伝統的唐木仏壇『金蘭 本黒檀』

伝統的なお仏壇の中でも、本黒檀を使用した『金襴』は風格漂うお仏壇です。お値段なんと258万円!希少価値の高いエボニー(本黒檀)を使用しているお仏壇なので、やはりお値段が張ります。

この仏壇の公式サイトへ

唐木モダン仏壇の圧巻の存在感!『嵯峨 本黒檀』

三方練りの黒檀仕上げだから高級感が違う!唐木モダン仏壇の嵯峨は、深い色合いが端正な風合いを引き出します。三方練りは製法の中でも上品と呼ばれる製法で、黒檀の風合いを引き出しつつ、デザイン性の高いお仏壇にできる製法です。

この仏壇の公式サイトへ

紫檀の力強さをそのままに『龍宝』

紫檀をベースに縁起の良い龍をあしらった、力強さを感じさせるお仏壇です。紫檀をベースに使用したお仏壇というのは、唐木仏壇らしさが感じられるので根強い人気のあるお仏壇です。

この仏壇の公式サイトへ

伝統唐木仏壇3色がラインナップ!『蓮華』

黒檀・紫檀・鉄刀木の色合いから選ぶことが可能な、蓮華はカラーバリエーションが豊富なのが特徴。お値段も98,000円とお手頃なのに、伝統的な風格を感じられるので人気のお仏壇です。

この仏壇の公式サイトへ

華やかなメープルで作られた伝統的唐木仏壇『白妙』

現在人気急上昇中のメープル素材で作られた『白妙』は伝統的なデザインの中にも華やかさを感じられるデザインです。やはりメープルの独特な風合いと明るい色合いが他にはない魅力ですね。

この仏壇の公式サイトへ

神々しい風格が人気の和木仕上げ『千代菊』

屋久杉を使用した『千代菊』は日本らしい繊細な作りです。杉の風合いを活かした風合いが他にはない魅力です。手彫りで施された彫刻が屋久杉の良さをさらに引き立てます。お値段98万円。

この仏壇の公式サイトへ

紫檀天然仕上げの風合いが魅力『18号天然仕上紫檀』

紫檀は色付けされているものが多いですが、こちらの18号天然仕上紫檀は天然木の風合いをそのままに活かしたお仏壇になります。天然木の風合いを活かしているので、優しい雰囲気の中にも伝統的な威厳を感じられる珍しい作りとなっています。

この仏壇の公式サイトへ

鉄刀木で作った純朴な風合いが魅力『KD467-1』

黒檀紫檀が多い唐木仏壇ですが、鉄刀木のお仏壇も魅力です。こちらのお仏壇は純朴な雰囲気を携えた、他にはないお仏壇です。シンプルな風合いの中に施された彫刻が引き立ちます。

この仏壇の公式サイトへ

楡を用いた唐木仏壇『恵比寿』

楡を用いた唐木仏壇、恵比寿は作りが精巧であるとともに、他のお仏壇よりも低価格を実現しています。木のぬくもりを感じられる風合いがおすすめです。

この仏壇の公式サイトへ

ナチュラルな印象が優しい『唐木仏壇・和葉 天然木材』

こちらも楡を使用した唐木仏壇です。天然木の風合いのままを活かしたお仏壇なので、精巧な作りでも優しい雰囲気のお仏壇です。楡を使用しているので、お求めやすい価格なのも魅力的ですね。

この仏壇の公式サイトへ