終活の最新情報をお届け

終活セミナーの内容や流れについて解説。セミナーを行っている団体のご紹介

終活

2020/09/15

終活セミナーの内容や流れについて解説。セミナーを行っている団体のご紹介

終活セミナーの内容や流れについて解説。セミナーを行っている団体のご紹介

終活セミナーでは何が得られるの?

ここ数年前から「終活」という言葉が様々な場で見られるようになり、世間に広く認知されるようになりました。終活に興味を持って、終活セミナーに参加してみようと思われている方も多いのではないでしょうか?
そこでここでは、終活セミナーでは何を勉強できるのか、何を知ることができるのかなどについてご紹介いたします。

終活セミナーとは

人生を統括する活動である終活を学ぶための講習会が終活セミナーです。終活の始め方や進め方について専門家がアドバイスを行い、これから先の人生をより充実したモノにするための手助けをしてくれます。
終活セミナーでは、座って話を聞くことができる座学型と自分で実際に体験できる体験型の2種類があります。
座学型では、エンディングノート・葬儀・相続・お墓・各種保険・生前整理についての知識が聞けるセミナーです。詳しい手続きから段取りの方法まで学ぶことができるので、金銭面や葬儀のやり方について具体的に計画が立てられます。
体験型は、遺影写真の撮影・霊園の見学・棺の中に入るなどの行動が伴います。実際に体験することで、終活や今後の人生について見つめなおす機会になります。
座学型と体験型はどちらも内容が全く違うので2つとも受講されることをおすすめします。

そもそも「終活」とは?

もし自分が死んでしまったら…。誰でも一度は考えたことがあるのではないでしょうか?
年齢を重ねれば重ねるほど、自分の死後のことが現実味を帯びてきます。遺産相続をどうするのか、どんな葬儀を行い、どんなお墓に入るのかなど心配事は尽きません。
そこで、提唱されるようになったのが「終活」です。終活とは、人が人生の最期を迎えるにあたって行う様々な準備や、人生の統括のことで、死と向き合あい、最後まで自分らしい人生を送るために準備することを言います。
終活で行うことは、「遺族のための活動」と「自分のために行う活動」です。

遺族のための活動

身の回りの整理や相続について明らかにしておく、葬儀やお墓の準備、施設や介護などの準備などと残された遺族が困らないようにする活動です。
親の家の片づけや、相続争いで遺族に負担がかかったり、争ったりすること、また死後に家族が悩むことの内容にやっておくことです。

自分のために行う活動

これまでの人生を振り返り、残される家族のことや、友人・知人、今までお世話になった人たちのことや、やり残したこと、叶わなかった夢などを考えてみます。
今後、残された時間の中で出来ることや出来ないことを把握する中で、残りの人生をより豊かに、有効に使うことができるようになります。
このようなことを行い、人生の終わりに向けた準備をする取り組みが「終活」です。

終活の全体的な流れについてのセミナー

終活はいろいろな活動を含んでおり、セミナーで学べる内容も様々です。終活セミナーで学べる項目をご紹介いたしますので、自分が知りたい分野があるかどうかチェックしてみてください。

お墓

お墓は代々受け継がれることも多いので、用意する機会は少なく知識がない方も少なくありません。お墓にはどのような種類があるのか、霊園の種類に違いはあるのかなど気になることは多いでしょう。
終活セミナーではお墓の質問を受け付けることも多く、疑問を解消することができます。お墓は安い買い物ではありませんので、失敗しないために十分な知識をつけることが大切です。

【こんな方におすすめ】
・お墓を継ぐ人がいない、子供にお墓のことで迷惑をかけたくない方
・自分のお墓や納骨堂を購入予定の方
・今あるお墓の場所を移動したい、今あるお墓を継ぐ必要のない形のお墓にしたい方

葬儀

相違者の選び方や葬儀にかかる費用など、葬儀全般について学びます。特に費用面のことが気になる方は、どの葬儀社がどのようなプランを用意していて、いくらかかるかを把握する良い機会になるでしょう。
どのような葬儀があるかを知らないと、自分に合う葬儀社を選ぶことができません。家族葬や直葬など、年々増加している葬儀の種類もしっかり理解できるようになるでしょう。

【こんな方におすすめ】
・お葬式の種類(一般葬・家族葬)が分からない方
・お葬式の費用がどれぐらいかかるのか知りたい方
・自分の葬儀を葬儀社に依頼しておきたい方

相続

相続関係は一つ扱い方を間違えてしまうと、親族を「争族」にしてしまうこともあるので、細心の注意が必要です。セミナーでは税理士やファイナンシャルプランナーといった有資格者が遺産の管理や相続についての講演を行っています。
遺言管理に重要な遺言書は書き方を間違えると無効になってしまうため、専門家の教えを受けることはとても大切です。

【こんな方におすすめ】
・相続をする必要があるかわからない方
・相続を予定している方
・相続に関する節税をしたい方
・自分で決めた相続分配を法的に執行させたい方

保険

セミナーでは40歳になると加入が義務付けられている介護保険や任意で入る生命保険の仕組み、保険の賢い利用方法などを学びます。終活のために加入しておきたい保険を知りたい方には役立つ内容が多いでしょう。
各種保険のメリットやデメリット、保険にかかる費用についても質問できます。保険に関する知識があまりない方は積極的に参加してみるのもいいでしょう。

【こんな方におすすめ】
・これから必要になる保険が知りたい方
・すでに加入している保険の内容を見直したい方
・老後の財産管理を家族に託したい方

遺品整理

遺品整理の専門家が生前整理の大切さを教えてくれます。誰かが亡くなったときの事後処理で最も大変なのは遺品整理と言われることもありますから、身辺整理の方法を知ることは家族に迷惑をかけないために重要です。
遺品整理の業者がセミナーを主催することもあります。その場合は、生前契約を受け付けることも多いようです。

【こんな方におすすめ】
・遺品や仏様関係の品物、思い出のものを処分しておきたい方
・大量の処分品や今後家屋の解体を予定している方

エンディングノート

エンディングノートは家族に自分の希望を伝えたり、家族が困らないように必要な情報を書き残しておくためのノートです。
書き方にルールがなく自由に書くことができるのが魅力ですが、自由度が高いためにどう書いたらよいかわからないという方も多いです。また、家族が本当に必要な情報を的確に残せるかも大事なポイントになります。

【こんな方におすすめ】
・書いている途中で行き詰まっている方
・これからエンディングノートを書こうと考えている方

延命・介護

延命治療や介護の希望をどのようにまわりに伝えるかを学びます。介護や闘病に関わる自分の意志を示しておかなければ、のちに家族に重い決断を迫ることになるかもしれません。
認知症になったときに備えて何ができるかも把握して、家族に負担をかけない方法を考えましょう。

体験型の内容

遺影写真の撮影会

遺影写真はお通夜までに準備しなければならないため、家族が慌てて準備することが多いようです。家族が困らないよう、また、自分が納得できる1枚を用意しておきましょう。
撮影会にはプロのカメラマンを呼ぶことが多いようです。有料にはなりますが、メイクアップをしてから撮影してくれる場合もあります。

霊園の見学

ご自分のお墓を立てる霊園を探す目的で行っています。本来であれば、見学したい霊園を自分で探して予約をし、自分で訪ねるのが基本です。
しかし、体験型の霊園見学であれば、霊園までバスをチャーターしてくれたり、複数個所の霊園を見ることもできるので便利です。

入棺体験

棺の中で横になってみる体験です。亡くなった後のことについて想像することで、現在の終活や今後の生活について見つめなおす機会になる方もいます。

通夜・法事料理の試食会

お通夜や法事で振舞われる料理を試食することができます。参加料が無料の場合と有料の場合がありますが、有料の場合でも通常料金よりは安価で試食することができます。
葬儀の生前予約を考えている方には料理の味・ボリューム・価格の参考になる良い機会です。

終活セミナーの選び方のポイント

「終活」という言葉が浸透し、その活動内容を知りたいニーズも高まり、多くの機関などで「終活セミナー」が開催されるようになりました。
しかし、どのセミナーに参加すればよいのかわからない方も多いと思います。
そこで、終活セミナーの選び方のポイントの一つとして、セミナー後の「アフターフォロー」を大切にしているかどうかです。
参加者に向けて一方的に話をして終了するセミナーではなく、質疑応答の時間を設けていたり、いざ終活を始めようと思った際に、しっかりケアしてくれるサポートシステムも整っているセミナーを選びましょう。
終活セミナーのほとんどが、インターネットで告知しています。そしてセミナー内容も、終活を全体的に解説してくれるセミナーから、エンディングノートの書き方セミナー。遺書や相続に関するセミナーなど、多くのセミナーが存在します。気になるセミナーがあれば、まずは実際に参加をしてみるというのもポイントです。
実際にいくつかのセミナーに参加をすることで、自分の知りたい情報を得られることはもちろん、終活への興味も広がりより自分が望む終活セミナーが明確になってきます。
終活セミナーへの参加は、終活のノウハウを知るだけでなく、ご自身の終活を支えてくれる心強い関係を築けるでしょう。

終活セミナー開催場所の探し方

終活セミナーの開催場所を探す方法はいくつかあります。
まずは、インターネットを活用する方法で、「終活セミナー」「終活イベント」などで検索すると見つかります。自分の住んでいる地域の開催場所を探す場合は「終活セミナー ○○」と○○の中に自分の住んでいる地域を入力すると見つかりやすくなるでしょう。
インターネット以外では、新聞や折り込みチラシ、雑誌でも探すことができます。自分の住んでいる地域情報が掲載されている紙面などを確認してみてください。ただし、新聞や折り込みチラシと雑誌には掲載料金がかかっているので、無料セミナーと言えども掲載料金を回収するためにお金が必要となるセミナーも少なくありません。自社商品の販売を兼ねている可能性もあります。
ホームページやハガキ・電話などからの申込方法はそれぞれ違います。セミナーによっては申し込みの必要がない場合もあります。必ず申し込みの有無や利用方法を確認しておきましょう。

終活セミナーを開催している企業や協会

ここでは、実際に終活セミナーを開催している企業や協会をご紹介いたします。開催時期や費用、セミナー内容は時期により異なるため、ご注意ください。

終活カウンセラー協会

終活カウンセラー協会は、民間資格である「終活カウンセラー」の講座開催・試験・資格認定を主な業務としています。
相続や遺言、保険・葬儀・墓・介護・健康に関する知識を得て終活カウンセラーとなることで、終活に関する様々な相談に応じることが可能になります。
講座の種類も豊富で、終活の基礎知識や介護、生前整理について、エンディングノートの書き方など幅広い知識が習得できます。

一般社団法人 終活協議会

終活に関する民間資格「終活ガイド」の認定を行っている、一般社団法人終活協議会のセミナーです。
生前整理やエンディングノートの書き方など、必要な知識が深く学べるところが特徴です。
また、知識習得だけではなく同時に認定講師にもなれる講座となっているケースが多く、細かな部分までじっくりと学ぶことができます。

終活支援センター

終活支援センターは、終活にまつわるセミナーや相談だけではなく、日常生活支援などの生活サポートも行っているのが特徴です。
電話や訪問による安否確認・見守りや食事の宅配、買い物代行に始まり、引越しの手伝いやシニア向けのリフォーム、家電故障への対応、警備会社による防犯設備の設置といった困りごと全般に対応しています。

終活コンシェルジュ

終活コンシェルジュでは、身元保証と死後事務委任契約によって、入院や通院、介護といった生きている間のサポートから、お墓や葬儀、相続といった死後のサポートまで一括して依頼できるサービスを行っています。
「高島平なんでも相談室」として、高島平駅前でコミュニテイーカフェを開き、終活に関する悩み相談に応じています。
また、日本ダンス議会のプロ競技者によるダンスレッスンを提供する「踊活」を行っているのが特徴です。

イオンライフ

終活サポートを行っているイオンライフでは、定期的に関東圏を中心に「終活フェア」を実施しています。
終活フェアでは、専門家がセミナー形式で就活に関する幅広い知識を講演するだけでなく、葬儀や相続、保険など個別相談コーナーや遺影の撮影体験など様々な催しが用意されているのが特徴です。
1日で就活とはどのようなものか把握できるので、終活の進め方や専門家に相談した悩みがある人にもおすすめです。

ファミーユ

沖縄県と四国を除く全国で展開している葬儀場主催の終活セミナーです。
エンディングノートの書き方や遺影撮影、入棺体験など実践的な内容が多く、楽しみながら前向きに終活を検討できる所が特徴です。
また、オンラインでの個別相談も受け付けており、個人的な悩みが相談しやすくなっています。

終活セミナーで学び、自分と家族が納得できる最後を

終活セミナーへの参加は、漠然としていた老後の課題を明確にします。自分と残される家族のために今すべきことが分かってくるかもしれません。自分の最後をどう迎えるべきか悩んでいた人は、具体的な計画を立てることにも役立ちます。かけがえのない終活仲間ができるかもしれません。人生終盤の新しい楽しみを、終活セミナーが提供してくれることでしょう。