終活の最新情報をお届け

急に喪主になってしまった時も安心 お葬式に関する情報

お葬式を執り行うにあたって最も問題となるのが費用です。全国の葬儀費用の平均はなんと約200万円にもなります。予算を考慮して、あなたに合ったお葬式を選びましょう。

喪主になった方はまずこちらを確認!初めて喪主になった方はこちら

一日葬

最近新しいスタイルとして登場し、人気が出てきている一日葬。どういった人が向いているのか、詳しく見ていきましょう。

一日葬が選ばれる理由

  1. no.1

    1日でお通夜・告別式が行われるので、喪主の負担が少ない

  2. no.2

    臨終からお葬式までスケジュール的に余裕ができる

  3. no.3

    参加者も2回に分けて参加しなくても良いため、負担が少ない

一日葬の特徴

  • 現在のニーズに一致するお葬式だから人気

    新しい形のお葬式である一日葬

    一日葬は通夜を行わないタイプのお葬式になります。そのため告別式と火葬のみになるのですが、これによってどういったことが起こるのでしょうか。

    ・そもそも通夜とは

    本来お通夜は、夜通し親族のみで故人を弔うものでしたが、現在では仮通夜と本通夜といって、本通夜が告別式化している部分が多くなってしまっているのが現状です。
    そもそも通夜では食事を出すことも無かったのですが、遠方から来てもらっている人などを労うために食事(通夜振る舞い)が出されることが多くなりました。一般的なお葬式だと通夜・告別式と喪主は準備に駆け回らなくてはいけなくなり、そういった儀式化している部分を省略して負担を減らそう、となったのが一日葬です。

    ・通夜は宗教儀式的な側面がある

    お通夜には、死者を弔う儀式的な意味があるので、宗教上の理由で一日葬では良くない!と考える人も中にはいらっしゃいます。
    一方告別式は、その名の通り亡くなった方とのお別れの場なので、故人に会える最後の場として設けられています。つまり告別式は厳密にいうと、葬祭の中には含まれないのです。

  • 家族葬のメリットとデメリット

    一日葬のメリットとデメリット

    一日葬のメリットはやはり喪主の負担を大きく減らすことができます。準備する負担が大きく減るため、故人との最期の時間をゆったりと共にすることができるというメリットがあります。
    またそ故人と近い親族などの場合は、一般的なお葬式ならばお通夜と告別式2回参列する機会があります。参列者も遠方であったり、小さなお子様がいる場合などは負担が大きくなるため、参列者にとっても1度の参列で済むため負担が少なくなります。さらに通夜・告別式の儀式を1回に減らすことによって、金銭的な余裕も生まれるのが一日葬です。

    一方デメリットですが、一日葬が通夜を行わないと言っても、祈祷など通夜を短縮した形で行う場合もあります。特に仏式で宗派によっては祈祷の作法や方式があるということで、一日葬は不可となる場合があるようです。
    一日葬はどちらかというと宗教儀礼的なこだわりが無い場合の人が多いです。
    また本来なら2日掛けて行うお葬式ですが、1日に短縮して行うので、当日は割とスケジュールがタイトになります。
    また長時間のスケジュールになるため、開始時間が早くなり参加したくてもできない参列者も増えるのがデメリットです。

    一日葬のメリットデメリット

  • 特に宗教的なこだわりが無い場合

    一日葬の流れ

    一日葬の流れで多いのは、臨終を迎えたのち、死亡診断書を受け取り、以下の流れで葬儀を行います。

       
          
    1. 遺体の搬送
    2.     
    3. 葬儀の打ち合わせ
    4.     
    5. 納棺・告別式・出棺
    6.     
    7. 火葬・お骨上げ
    8.     
    9. 精進落とし
    10.    

    亡くなってから24時間以内に火葬を行うことは法律で禁じられていますが、病院の慰安室で長時間の安置お認められていません。従って、ひとまず自宅や斎場・葬儀社の安置室などに搬送し、安置することになりますので、お通夜がなくなるだけで通常の葬儀とほぼ同様の流れになります。

一日葬で必要になってくるもの

  • 送迎

    送迎

    一日葬の場合、葬式まで準備などの負担が少なくなるため、どこに安置するかご逝去後決めたいところです。
    死亡診断書を受け取った後、寝台車で送迎します。

  • 棺

    一日葬の場合、告別式を行うので華やかな棺桶を購入したいという人もいるかもしれません。棺桶のお値段は5万円~50万円のように素材や作りによって大きく変わります。
    生前、故人が好きだった色やモチーフのものにしても良いかもしれませんね。

  • 遺体の安置場所

    遺体の安置場所

    通常、ご逝去からお葬式まで4~5日程度時間を空けることが多いです。
    特に一日葬の場合はお葬式の前日まで余裕があるので、安置する場所は自宅か施設か決めておいた方がよさそうですね。

  • ドライアイス

    ドライアイス

    ドライアイスは1日に約10キロほど消費します。日数分準備しましょう。

  • お別れの花

    お別れの花

    一日葬では花祭壇をすることが多く、遺族や故人の思い入れの詰まったデザインが人気です。
    また供花や香典を辞退することが多いです。

  • 遺影

    遺影

    花祭壇が多い一日葬ですが、そのため遺影もお花の雰囲気とマッチするような、その人らしい雰囲気の遺影を撮影されることが多いそうです。

  • 骨壺

    骨壺

    7寸サイズの骨壺を選ぶ人が多いです。

  • 火葬料

    火葬料

    火葬は、東京23区内の公的施設の場合は一律59,000円です。

  • 会食代

    会食代

    一日葬の場合、会食が1度なので一般的なお葬式よりもこの部分の負担が少ないのが特徴です。
    自宅か外食か事前に参列者に伝えられると準備がスムーズです。