終活の最新情報をお届け

急に喪主になってしまった時も安心 お葬式に関する情報

お葬式を執り行うにあたって最も問題となるのが費用です。全国の葬儀費用の平均はなんと約200万円にもなります。予算を考慮して、あなたに合ったお葬式を選びましょう。

喪主になった方はまずこちらを確認!初めて喪主になった方はこちら

火葬式

火葬式はシンプルなお葬式で、近年需要が高まってきている葬儀の方法になります。火葬式の流れと特徴についてみていきたいと思います。

火葬式が選ばれる理由

  1. no.1

    小さくお葬式をしたい

  2. no.2

    高齢のため参列者を呼ばない

  3. no.3

    費用が安価なので負担が少ない

  4. no.4

    従来のお葬式通りの式をしたいというこだわりが少ない

火葬式の特徴

  • 通夜・告別式の無いお葬式

    通夜・告別式の無いお葬式

    葬式というとお通夜・告別式といった場を設けることが多いですが、火葬式の場合はそういった通夜・葬式を行わないお葬式になります。
    そのため直葬とも呼ばれ、非常に近い近親者のみで葬儀が執り行われます。

  • 火葬式のメリットとデメリット

    火葬式のメリットとデメリット

    火葬式のメリットは、告別式や通夜を行わないため費用を抑えることが可能です。そして非常に近い近親者のみで葬儀が執り行われるため、喪主などの負担が小さく、故人との最後の時間を穏やかに過ごすことができます。
    また生前にこぢんまりとしたお葬式にしてほしいとの意思を持っている方も増えてきていて、葬式に多くの費用を掛けなくても良いと考える人もいます。
    一方デメリットは、火葬式の場合親族や知人が参加しづらくなってしまい、故人とのお別れがしたいのに出来なかったという声が上がりやすいです。

    火葬式のメリットデメリット

  • 火葬式の相場について

    火葬式の相場について

    火葬式の費用の相場は約20万円~30万円程度だと言われています。
    通常のお葬式の場合は、100万円以上になることが多いため、予算が少なくて不安を抱えている方でも負担が少ないので安心です。
    火葬式は通夜や告別式が無いですが、遺影やお別れのお花、会食をこだわりのものにすると思い出に残る式になることでしょう。

火葬式で必要になってくるもの

火葬式では非常に近い近親者のみで行われることがほとんどなので、あまり形式に捕われずにお葬式を執り行うことができます。

  • 送迎

    送迎

    病院で亡くなることが多い現状ですが、臨終から遺体の安置まで送迎します。
    後述しますが、遺体は必ず棺で火葬するので、棺が入る車を準備しなければなりません。

  • 棺

    火葬の際に必要な棺ですが、棺は安価なものから高価なものまで様々です。
    自分の予算に合った料金の棺を準備しましょう。

  • 遺体の安置場所

    遺体の安置場所

    日本の法律では死後24時間以内に火葬することが禁止されています。そのため痛いの安置場所が必要になってきますが、自宅か施設から選びます。
    施設を利用する場合は施設利用料が必要になりますが、公営の安置場所を利用する際には2,000円~3,000円程度で利用することが可能です。

  • ドライアイス

    ドライアイス

    1晩安置するにあたって、ドライアイスが必要になってきます。
    1日10キロほど必要なので、その分の代金が掛かってきます。

  • お別れの花

    お別れの花

    火葬式では告別式で必要な献花や装飾品などが不要になります。
    しかし生前故人が好きだった花を用意したいという希望も多く、お別れの花を準備することがあります。

  • 遺影

    遺影

    故人の思い出として遺影があります。
    火葬式でもお坊さんを呼んで加持祈祷を行う場合、遺影を前にして祈祷してもらうこともあります。

  • 加持祈祷

    加持祈祷

    火葬式でお坊さんを呼ぶ場合、お布施が必要になります。
    寺院によっては明確に料金を記載しているところもあれば、地域で相場が決まっている場合もあるので、祈祷してもらう寺院に確認することが必要です。

  • 骨壺

    骨壺

    日本ではお骨を全て骨壺に収める習慣があるので、7寸サイズの骨壺を購入される方が多いようです。

  • 火葬料

    火葬料

    どのようなお葬式でも火葬をするため、火葬料が必要になります。
    都内の公営の火葬場の場合は、一律59,000円になります。

  • 会食代

    会食代

    火葬式の場合、非常に近い近親者のみで会食を行います。
    レストランで外食する場合が多いですが、自宅の場合は参列者に事前通知しましょう。

火葬式で近親者と故人との思い出に浸る

火葬式はシンプルなお葬式なので、お通夜・告別式をするよりも葬儀費用が安価で済むことが多いです。しかしシンプルな内容のお葬式でも、近親者のみの時間を過ごし、こだわりを入れることによって思い出にのこる式になることでしょう。