終活の最新情報をお届け

急に喪主になってしまった時も安心 お葬式に関する情報

お葬式を執り行うにあたって最も問題となるのが費用です。全国の葬儀費用の平均はなんと約200万円にもなります。予算を考慮して、あなたに合ったお葬式を選びましょう。

喪主になった方はまずこちらを確認!初めて喪主になった方はこちら

家族葬

最近主流となってきているお葬式が、家族葬というものです。どういった流れで葬儀を行うのか、どのような特徴があるのかみていきましょう。

家族葬が選ばれる理由

  1. no.1

    通夜と告別式を行うため、信仰している宗教の葬式を行いやすい

  2. no.2

    参列者が小規模なので、通常の葬儀よりも準備の負担が少ない

  3. no.3

    通夜を近親者のみで行うため、故人との時間をゆっくり持てる

家族葬の特徴

  • 現在のニーズに一致するお葬式だから人気

    現在のニーズに一致するお葬式だから人気

    家族葬はお通夜と告別式を行いますが、近親者や生前仲が良かった友人のみを招待するようなお葬式になります。
    近年高齢化が進み、親族や友人など参列者も高齢で参列できないケースも多くなってきているため、規模を小さくして行う葬儀になります。

  • 家族葬のメリットとデメリット

    家族葬のメリットとデメリット

    家族葬のメリットは、参列者が近親者や生前親しかった友人のみなので、参列者数が少ない分コストも安くなります。そのため一般的なお葬式と比べると、葬儀費用が抑えられるのがメリットになります。
    また参列者が多くなると、その分準備が大変になるため、故人との最期の時間を惜しむことなんてほとんどできません。家族葬の場合は参列者が限られているので、お通夜などをゆっくり行うことが出来るメリットがあります。
    さらにお通夜・告別式を行いつつも、近親者のみが参加するので故人の生前の意思を実現しやすくなります。
    縁故の人を全て呼ぶ場合は音楽や装飾など、当たり障りのないものにする場合があります。しかし家族葬の場合は、生前故人の好きだった音楽などでお別れをするのも良い思い出になることでしょう。

    一方デメリットついては、縁故のある人に幅広く通知をしないため、どこまで声を掛けるかが難しいという部分があります。
    家族葬の場合、お葬式が終了後にお手紙などで訃報を知らせることもありますが、その場合葬儀終了後にお墓参りをしたいなどの連絡があることが多いようです。その際に親族の負担が結局大きくなってしまい、それならば一般的なお葬式にすれば良かった…と思う方もいらっしゃるそうです。
    また香典や供花などをお断りすることが多く、全て自費で行うことが多いのが家族葬です。

    家族葬のメリットデメリット

家族葬で必要になってくるもの

家族葬は一般的なお葬式の規模を小さくしたものなので、基本的には一般的なお葬式と同じものが必要になってきます。先述もしましたが、規模を小さくして行うのが家族葬なので香典・供花を辞退することが多いです。そのため自己の資金内で葬式ができるような予算を組んでいく必要があります。

  • 送迎

    送迎

    火葬の際のには棺桶が必要なため、必ず故人を棺桶に入れて送迎します。
    棺のサイズが入る車が必要になるのですが、霊柩車の場合や普通のワンボックスカーなど、用途に合わせて選ぶことができます。

  • 棺

    棺桶の値段は本当にそれぞれになります。
    5万円前後のものから50万円のものまであるので、予算に合ったものを選びたいですね。

  • 遺体の安置場所

    遺体の安置場所

    安置場所については、自宅や施設を選ぶことができます。
    自宅で安置する場合は、いつでも会いにいけるのがメリットですが管理や作法が大変ということもあります。
    公営の施設などを利用する場合は2,000円~3,000円のところが多いです。

  • ドライアイス

    ドライアイス

    ドライアイスは約10kg/1日使用するといわれているので、安置しておく日数分必要になります。

  • お別れの花

    お別れの花

    家族葬の場合、棺に入れるお別れの花や花で装飾をされた祭壇などを利用することがあります。
    参加者がそれほど多くない場合は省略することもありますが、故人や遺族のこだわりを入れたい部分ですね。

  • 遺影

    遺影

    家族葬の場合、通夜も告別式も行うため、遺影は早めに準備したいところ。
    最近では自分らしいクセやしぐさまで表現できる生前遺影撮影が人気です。

  • 骨壺

    骨壺

    骨壺は7寸サイズのものを購入する人が多いです。
    その理由として、全ての遺灰が収まるのがそのサイズだからなのですが、分骨する際には話合ってから準備しましょう。

  • 火葬料

    火葬料

    告別式が終わったら火葬を行います。
    公営の火葬場は都内の場合59,000円一律のところがほとんどです。

  • 会食代

    会食代

    家族葬の場合、参列者が厳選されていることもあり、自宅で弁当を発注したり、近所の料亭などで食事を済ませることが多いです。
    会食の場所だけ事前に伝えておくと良いでしょう。

家族葬の一番の問題点はやっぱり「どこまで参列者に声を掛けるか」

家族葬は高齢化に伴い、近年主流になって葬式ではありますが、喪主側が悩むのはやはり参列者にどこまで声を掛けるかということです。香典の辞退や葬儀後のお参りの対応など、一般的なお葬式と比べてどうするかが選ぶ際のポイントとなりそうです。