終活の最新情報をお届け

伝統的なお墓から最新式の納骨堂まで お墓・霊園の選び方

現代のお墓は実に多種多様な形へと進化を遂げています。このページでは種類別にお墓の最新情報を詳しくご紹介。あなたの要望に合う理想のお墓がきっと見つかります。

永代供養

永代供養

永代供養とは、寺院が永代にわたって供養し続ける供養のことを指します。現在少子高齢化が進み、後継者不足が問題となっているお墓問題なので、永代供養を検討している人が増えてきています。

永代供養とはどういった内容なのか、詳しくみていきたいと思います。

永代供養とは

永代供養は、寺院が永代にわたって供養を行う方法ですが、本当に永遠に供養を行ってくれるわけではありません。実際には33回忌や50回忌までのように、時期が決められていることが多いです。その後は合祀になることが多く、共同で永代供養墓に埋葬されることが多いようです。

永代供養と永代供養墓地

永代供養というのは、それを取り扱っている墓地なら永代供養が可能です。ただし大きく分けて2つの墓地があります。

永代供養専門の墓地

樹木葬や納骨堂といったような墓地は、主に永代供養専門の墓地になっていることが多いです。もちろんお墓が個別で永代供養が可能な墓地もありますが、一般的には上記のような、石のお墓を持たずに、一つに骨壺をまとめて埋葬する合祀のお墓の方がお値段は割安です。

菩提寺で永代供養

先祖代々のお墓を、永代供養してもらう方法です。これまでの菩提寺と檀家という関係は、後継ぎありきという前提でした。しかし現在では後継者不足ということもあり、菩提寺でも永代供養を受け付けている場合があります。

永代供養をする方法について

永代供養をする方法について

永代供養するにあたって、自分ひとりだけの場合ならとても簡単に手続きが行うことができます。しかし先祖代々のお墓がある場合は、少し大変かもしれません。それでは詳しくみていきましょう。

永代供養は永代供養墓のところを探そう

最近では永代供養を合祀で埋葬することができる共同墓地が人気です。子どもが遠方に住んでいると、中々お墓の管理というのは難しくなります。

お墓を管理する際には毎年管理料を支払います。また区画の草むしりや墓石のメンテナンスなどが必要になります。さらにお墓参りの際に読経していただいた場合は、お布施も必要になります。

こういったお墓の管理は子どもは遠方に住んでいるのでできない。もしくは後継者がいない。

様々な理由から、永代供養墓を選ぶ人が増えているのです。

菩提寺がある場合は?

菩提寺がある場合の永代供養の料金ですが、法事で納める金額の1回~3回ほどが相場と言われています。そのため5万円~30万円程度が多いそうですが、つながりの深い檀家などの場合は100万円以上の永代供養の献納が必要だと言われることもあります。

菩提寺で永代供養して墓じまいしたいとき

放置しておくとどうなるの?

無縁仏について

お墓の管理料を支払わないで放置しておくと、無縁仏になります。その期間は3年間といわれ、死後管理料の支払いが絶たれてしまうと、無縁仏になります。無縁仏はそういったお墓を合祀するため、後からお骨を取り出したいといっても絶対に取り出せません。

無縁仏と永代供養の違い

合祀なら、無縁仏も共同墓地の永代供養も同じなの?と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、それは異なります。

無縁仏というのは、霊園に合祀で埋葬されているお骨になります。供養を行うのは寺院のお坊さんで、読経してもらう必要があります。

一方、永代供養されたお骨というのは、合祀であったとしても眠りについたあとに毎日読経が行われ供養するサービスが含まれています。そのため一見同じように見える無縁仏と永代供養ですが、大きな違いがあるのです。

永代供養墓はニーズが増えてきている埋葬のスタイル

現代では少子高齢社会が深刻な問題になっているので、埋葬の仕方も変化を求められていくことでしょう。そんな中で永代供養墓を選ぶという選択は、自分や周りにとって負担が少なく、また再開できる場所として遺すことが可能な選択です。

「後継者がいない」「お墓の値段をお手頃な価格にしたい」そんな希望がある方は是非ご検討ください!