終活の最新情報をお届け

伝統的なお墓から最新式の納骨堂まで お墓・霊園の選び方

現代のお墓は実に多種多様な形へと進化を遂げています。このページでは種類別にお墓の最新情報を詳しくご紹介。あなたの要望に合う理想のお墓がきっと見つかります。

墓じまい

墓じまい

墓じまいは、これまでお寺で管理していたお墓を撤去し、改装届を出すことを指します。これまで先祖代々管理をしてもらっていたけれども、どうやったら墓じまいが出来るか?その方法や流れについてみていきましょう。

墓じまいの流れ

墓じまいはいくつかの手続きがあり、すぐに墓じまいできるわけではありません。時間に余裕を持って行いたいですね。それでは詳しくみていきましょう。

お寺へ墓じまいの旨を伝える

お寺へ墓じまいの旨を伝えます。その際に直接訪問してしまっても良いですが、担当者が不在の場合もあります。そのため前もって電話をしておいた方が良いかもしれません。

お墓の引っ越しの際は改装許可申請を

遺骨を他のお墓に移す際には、市役所などで改装許可申請が必要となってきます。前もって必要な書類などがあるので、準備しておきましょう。手元供養や散骨の場合は、改装許可申請の必要はありません。

骨壺を取り出す

骨壺は長い間お墓の中にあるので、風化したり壺の内側に雨水が入ってしまったりすることがあります。そのため墓じまいをする際には、一度綺麗にしたいですね。

墓石を撤去する

墓石の撤去は石材店にお願いします。自分で依頼する場合もありますが、お寺側が懇意にしている石材店がある場合は、そちらに依頼するように推奨されることがあります。

自分で依頼する場合は、合い見積もりをとってみるのが良いですよ!

墓じまいに必要な書類

墓じまいには「埋葬(納骨)証明書」と「受入証明書」(永代供養許可証)が揃って、改装許可申請を行うことが可能です。

  • 埋葬(納骨)証明書
    現在埋葬・管理しているお寺に書いてもらう書類です。
  • 受入証明書(永代供養許可証)
    改装先のお墓に書いてもらう書類です。

改装せず手元供養や散骨する場合は改装許可申請しなくても良いです。

墓じまいで起きやすいトラブル

墓じまいで起きやすいトラブル

①離壇料が高額?である

改装する際には、埋葬証明書を今お墓が埋葬されてあるお寺に書いてもらわないといけません。しかし実際にはお寺は檀家との「ご縁」で生計を立てているため、シビアな問題でもあります。その際にうまく墓じまいの交渉でトラブルが起きて、法外な離壇料を請求されることが少ないながらに起きているようです。

離壇する際の「気持ち」をお渡しする場合、3万円~30万円ほどが相場であると言われていますが、トラブルになったケースは700万円ほど請求をされたそうです。離壇料をきちんと支払いしないと埋葬証明書を記載してもらえないので困ったところですが、法外な離壇料を支払う必要はありません。

ただお寺側もいきなり「墓じまいをします」と言われても困ってしまうと思うので、時間を掛けてゆっくりと改装の旨を伝えていく方が良いでしょう。

②親族と後から揉めた

よくあるパターンが、墓じまいを行うことによって親族と揉めてしまうパターンです。

墓じまいを行う際にまず親族との話し合いが優先されます。お墓は心の拠り所であるため、墓じまいを行う際には納得がいくまで話し合った方が良いでしょう。一度は納得したように見えても、やっぱり嫌だった!などと言われて困ってしまったという話もあります。

また、お墓の管理の問題もあるので、場所や埋葬の方法などを一緒に閑雅ながら、分担して管理していきたいですね。

墓じまい代行を使うことも可能

墓じまい代行を使うことも可能

お墓が遠方であったり、普段忙しくて交渉などが出来そうにない場合は、墓じまい代行を使っている方もいらっしゃいます。墓じまい代行には法律の専門家や石材店の代行業者がありますが、どこに依頼するかによって用途が変わってきます。

①弁護士

何かトラブルが起きた際には弁護士へ相談です。お寺と離壇料などでトラブルが発生したときには弁護士が代理してくれます。

②行政書士

役所に提出する書類の作成を依頼したい場合は行政書士に依頼しましょう。

③石材店

石材店は法律に関する権限が無いため、墓石の解体などを代行する業者です。

墓じまいはスケジュールに余裕を持って行いましょう

墓じまいを行うにあたって、交渉から実際にお墓を移すまですぐにはできないことがわかりました。そのため時間に余裕を持って準備をしたいところ。

スムーズな墓じまいをするためにも、準備をしてから臨みたいですね!