終活の最新情報をお届け

伝統的なお墓から最新式の納骨堂まで お墓・霊園の選び方

現代のお墓は実に多種多様な形へと進化を遂げています。このページでは種類別にお墓の最新情報を詳しくご紹介。あなたの要望に合う理想のお墓がきっと見つかります。

樹木葬

樹木葬

樹木葬は近年「新しいお墓の形」として人気が上がってきている埋葬方法になります。詳しい内容は霊園によって異なりますが、主にどういったお墓になるのか詳しくみていきましょう。

樹木葬の特徴について

樹木葬は原則永代供養墓

樹木葬は原則、永代供養墓になります。永代供養とは、仏式などの場合決められた年数の間供養や管理をするサービスがついているお墓になります。

近年後継者不足が深刻になってきているため、管理の負担を掛けたくないという方が増えてきているようです。

樹木葬といっても埋葬方法は様々

樹木葬は元々桜やカエデといった樹をモチーフとし、その下に合祀で埋葬する形の埋葬を指していました。しかし最近では、樹木葬でも墓石のある永代供養墓スタイル、樹の下に自分の小さなモニュメントを置いてスペースを確保できるタイプなど様々です。

  • 里山型墓地もしくは公園型墓地
  • シンボルツリーもしくは1人1本の木が用意される
  • 個別に埋葬もしくは合祀

プランによっても色々ありますが、自分の予算と希望にマッチするものを探していきましょう。

樹木葬のメリット

樹木葬のメリット

樹木葬はこのように新しい形のお墓として人気が出つつある埋葬スタイルですが、

①宗派を問わない墓地が多い

日本人は無宗派が多いと言いますが、それでもどこかの宗派に属していることが多いですよね。また夫婦で宗派が違うということもあり、お墓をどうしよう…とお悩みの方。

樹木葬の場合、宗派問わず埋葬できるところが多いので、そういったニーズのある方にも喜ばれる霊園になります。

②永代供養墓である

樹木葬は1代限りの永代供養墓になります。そのため一定の期間まで供養・管理のサービスがあり、最終的には合祀される形になります。

③好きな樹木の下で眠る

樹木葬は自分の好きな樹の下で眠ることができるので、明るい雰囲気で埋葬されたい方にはぴったりの霊園です。やっぱり断トツで人気なのは桜です。その次にハナミズキやカエデといった木の種類が多くなってくるのですが、生前自分が好きだった木の下で眠りたいですね。

④一般的なお墓と比較すると割安

樹木葬の場合、数万円~埋葬場所を用意することができます。そのためお墓にあまり予算を掛けられないという方でも割安で済むので人気が高まってきています。

⑤公園型なら立地の良い場所も!

樹木葬は個別のお墓が無いからお墓詣りに行けないということは決してありません。公園型樹木葬霊園の場合、都心からアクセスが良い所もあります。

田舎のお墓があるけれども、毎年お墓詣りが負担になっているという方は、アクセスの良いところの墓地だとお墓詣りがしやすいですね。

樹木葬で気を付けたい点

樹木葬で気を付けたい点

このように樹木葬にはメリットがありますが、気を付けたいこともあります。それは合祀型の霊園を選ぶ際です。合祀型の霊園の場合、他の方の遺骨も一緒に埋葬するため後から他のお墓に移すということが出来なくなってしまいます。

また個別にスペースを持てるタイプの樹木葬であっても、遺骨を散骨したり骨壺から出して埋葬しているのであれば、こちらもまた他の墓地に遺骨を移すことが出来なくなってしまいます。

遺骨を移動させる可能性があるようでしたら、分骨したり、骨壺のまま埋葬したりなど、埋葬の方法まで詳しく確認しておく必要があります。