終活の最新情報をお届け

法律が絡む問題は専門家に相談を 相続・遺言のすべて

預金、不動産、車…相続の手続きが必要なものはたくさんあります。法律上の落とし穴も多く、正しく理解していないと大変なことに!経験豊富な専門家に相談して、早めに学んでおきましょう。

知りたい情報を選んでください

不動産の相続で大揉め!

不動産の相続で大揉め!不動産は動産のように動かせるものではないため、相続人が複数人いる場合、相続トラブルの起きやすい財産になります。管理できないなどの理由から相続人から相続破棄をされるケースもあり、急に不動産を整理しなければならないケースが出てきます。

不動産は時価と評価額がある

不動産には時価と評価額の2つがあります。不動産の価値を決める方法はいくつかあるため、相続ではっきりさせたい場合は専門家の力を借りることもあります。

共有名義の不動産がある

共有名義の不動産がある場合、相続の際にトラブルが起きる原因になります。そういった場合、どのようにするのが一番円満なのでしょうか?

不動産の相続について詳しく見る

相続で揉めないためには

相続で揉めないためには相続で揉めないためには下記のことが重要になります。

・財産を把握、整理しておく
・相続させる額と配分を決めておく

認知症や病気などで判断が難しくなることがあります。そういった状態になることも踏まえ「遺言」を残しておく、後見人を立てておくといった対策が可能です。

遺言には書き方が2つ

遺言には書き方が2つ遺言は生前の意志を示すために遺す書類ですが、相続の場合法的な効力も発生します。遺言には自筆で遺す場合と専門家に依頼する場合がありますが具体的にどういった内容や費用が掛かるのかをチェックしていきましょう。

遺言の書き方について