終活の最新情報をお届け

法律が絡む問題は専門家に相談を 相続・遺言のすべて

預金、不動産、車…相続の手続きが必要なものはたくさんあります。法律上の落とし穴も多く、正しく理解していないと大変なことに!経験豊富な専門家に相談して、早めに学んでおきましょう。

不動産を相続したときにいくら掛かる?必要な手続きは?

不動産を相続するにはどうすればいいのか?

相続を経験したことのない人は、自分が相続をしなければいけないとき、何をどうしたらいいのかさっぱりわからない方も多いと思います。相続というのは一生のうちに何度も経験するものではないので、相続のことを何もわからないのは恥ずかしいことではありません。しかし、不動産の相続を何もわからない状態で進めてしまうと、思わぬことでつまづいてしまう可能性があります。ここでは、不動産の相続で後悔しないように、不動産相続全体の流れをご紹介いたします。

不動産を相続したら名義変更

不動産を相続した場合は、名義変更の手続きをしなければなりません。亡くなった方の名義になっている不動産を、相続した相続人の名義に変更する手続きのことを相続登記と言います。日本中にある不動産の情報は、法務局に登録されています。

不動産の名義変更にかかる費用

相続登記にかかる費用は「登録免許税」と言われる税金です。これは、相続登記をする不動産の価値により変動し、個性資産税評価額の0.4%と決まっています。この固定資産税評価額については、毎年市区町村から送付される固定資産税の課税明細書に記載されているのでご確認ください。また、それ以外にかかる費用は、申請時に必要となる戸籍謄本や住民票などの証明書類関係の取得費用です。人によっても異なりますが、併せても数千円程度になります。さらに、この相続登記の手続きを司法書士に代行してもらう場合にはその報酬もかかってきます。

不動産相続は書類が多い

不動産相続は様々な書類が必要になります。まずは、誰が相続人としての権利を有しているかを確定させるために、相続人全員の戸籍謄本を集める必要があります。被相続人については出生から死亡までのすべての戸籍謄本が必要になります。一つでも書類が書けると相続の手続きがストップするので注意が必要です。

不動産相続にまつわる費用/h2>

相続税

不動産を相続するにあたって気になるのは相続税や、手続きにかかる費用のことだと思います。以前は、相続税の対象になるのはほんの一部の人に限られるといわれていて、相続税が非課税の方が大半でした。しかし、平成27年に相続税が改正され基礎控除の金額が40%も減額されていることから、相続税の申告対象の方も増えていますので注意が必要です。

不動産を相続したら相続税がかかる可能性がある

相続税は、「被相続人の相続財産のすべての合計額」が「基礎控除額」を超えたときにかかってきます。なので、相続した不動産の価値だけではなく、他に相続した金融資産や、他の相続人が相続したものをすべて含めなければ、相続税がかかるかどうかの判断はできないことになります。「相続税の基礎控除額」は以下の算式で簡単に求めることができます。

  • 相続税の控除額=3,000万円+(600万円×法定相続人の数)

例えば、相続人が3人であれば、3,000万円+600万円×3=4,800万円となります。そして、相続財産の総額が4,800万円以下であれば相続税が掛からず、それ以上であれば相続税がかかるという事になります。

相続税以外の費用

相続税以外に必要な費用としては以下のようなものが挙げられます。

  • 登録免許税
  • 登記謄本等書類の取得費用や郵送費用
  • 司法書士報酬(代行を依頼した場合)

これらの費用の合計は相続税評価額によって大きく変わってきますが、仮に評価額は3,000万円の不動産を相続すると、おおむね20万円を少し超える程度が目安となります。登録免許税が発生する相続登記申請の手続きは、自分ですることもできますが、専門的な知識も必要なので、司法書士に依頼した方がいいでしょう。報酬の目安は5万円前後でしょう。

不動産を分割相続する方法

相続人が複数いる場合、遺産分割が原則となりますが、相続資金が現金であれば分割して相続するのは難しくありません。しかし、不動産となると現金のように簡単に分けられないので、何かしらの方法を検討しなければなりません。不動産相続の印刷分割方法として主なものは

  • 現物分割
  • 代償分割
  • 換価分割
  • 共有

といったものを上げることができます。

現物分割

現物分割は、不動産を複数に分割して、それぞれを現物で相続する方法です。土地だけの場合、分割後も普通に利用可能な面積があれば検討できますが、狭い土地では別の方法を検討しなければいけません。

代償分割

代償分割は、一部の相続人が不動産を相続し、他の相続人に土地代を現金で支払う方法です。不動産を分割しがたい事情がある場合や、相続人の中に不動産よりも現金で相続したい方がいる場合に有効です。

換価分割

換価分割は、相続した不動産を売却し、得られた代金を相続人で分割する方法です。不動産現物では難しかった分割でも、現金化してしまえば分割は簡単になります。不動産の買い手が見つかり、相続人全員が納得する金額で売却できることが前提となりますが、その不動産に相続人の誰かが居住するといった利用予定がないのであれば有効な選択肢でしょう。

共有

共有は、複数の相続人の共有名義のままにして不動産を相続する方法です。相続は相続人の共有状態で相続するので、相続人の間でもめないようであれば、このままにしておく方法もあります。

相続税TOPに戻る

相続・遺言のカテゴリ一覧