終活の最新情報をお届け

法律が絡む問題は専門家に相談を 相続・遺言のすべて

預金、不動産、車…相続の手続きが必要なものはたくさんあります。法律上の落とし穴も多く、正しく理解していないと大変なことに!経験豊富な専門家に相談して、早めに学んでおきましょう。

相続の際に税理士に依頼すべきケース

相続税対策の重要性

節税対策とは、納める相続税ができる限り少なくなるように、合法の上で様々な策を講じることを言います。相続税が心配ではあるけれど何とかなると悠長に構えていると、とんでもない額の相続税が発生するかもしれません。

税理士の有無で納税額が大きく変わる

相続税は数ある税法の中でも非常に複雑な仕組みとなっており、専門知識のない人が理解しようとしても難しい面があります。下手をすると節税の逆効果になってしまい、相続税を増やしてしまう結果になってしまうのです。

相続発生後では遅い

相続税の節税対策を行うタイミングは大きく分けて、相続発生前と相続発生後がありますが、はっきり言って、相続発生後で出来る対策はほぼありません。被相続人が死亡した時点で相続財産は固まってしまうからです。被相続人が生きているのであれば、その所有財産をどう動かすかは被相続人の自由です。依頼者にとって最善の相続税となることを目指して、税理士のアドバイスを受けながら贈与や売却を行うことができます。節税対策は相続発生前に行うことが重要であるということを覚えておいてください

相続専門の税理士のメリット

税理士に相続税申告を依頼すれば、大幅な節税効果を期待できるほか、迅速かつ正確な税務処理も行ってくれます。さらには税務調査の対応など、アフターフォローも受けることができます。

納税額を減らせる

相続税の税額は、財産評価や遺産分割方法のほか、各種の特例を踏まえて決まります。財産評価に当たっては、土地評価など正確に行わなければなりません。こういった業務は税理士の中でも経験がなければ難しいものです。ですが、相続税の申告実績が豊富な税理出れば、多くの節税手法を駆使して納税額を抑えてくれます。どのように財産評価を行えば評価額を下げられるのか、どういった遺産分割をすれば節税になるのかなど正確に判断してくれます。また、各種の特例制度についても、適用条件をきちんと見極めて活用することができます。

申告の手続き負担を軽減できる

相続税申告書類お作成は非常に手間がかかります。必須である「相続税の申告」「相続税の総額の計算書」など、数十枚にも及ぶ書類を作成しなくてはなりません。これほどの分量であるが故い、プロである税理士が会計ソフトを用いて作成したとしても、最短で1か月程度はかかります。素人が財産評価額の計算方法や特例制度について調べながら作成していたのでは、倍以上の時間が掛かってしまうでしょう。

最低な相続スキームを組んでくれる

相続の問題では、親族間で遺産分割についてトラブルが発生します。争族の対策の一つに、税理士に相続の計画を立ててもらうという方法があります。争族に強い税理士は、節税だけでなく二次相続も見据えて遺産分割の方法を考えます。こうして考えられた遺産分割の仕方には納得感が生まれ、相続トラブルに発展しにくいといえます。

税務調査の負担を軽減できる

税務調査が実施されるのは、追徴課税が得られそうな調査先に対してです。例えば、相続した資産総額が大きい場合や、提出書類に不明な点が多いという場合には、調査対象となりやすい傾向があります。相続に強い税理士であれば、書類作成の段階で、相続税申告書などを税務調査を受けにくいように作成できます。また、税務調査を受けたとしても、税理士がその場に立ち会い、税務調査官の質問に対応してくれます。税務官との交渉を代わりにしてくれるのは心強いですね。

依頼したい税理士を選ぶ

まずは、依頼する税理士を選びましょう

税務署に聞く

最寄りの税務署に税理士のことを聞くと、近場の税理士の一覧表などをもらうことができます。中立な立場なのでオススメの税理士などは教えてくれませんが、税理士資格を持った税理士を確実に知ることができます。最近では資格がないのに税理士を名乗っている人もいるので、税務署に登録がある税理士であればそのような被害に遭うことはありません。

自分で探す

これだけネットが普及している時代なので、スマホやパソコンで「税理士 地域名」などで検索するだけで、近隣の税理士を上げることができます。ホームページを持っている事務所であれば、その特徴や費用などの情報をすぐに得ることができます。ネット環境がない時は、電話帳や近隣の税理士事務所の看板などからでも税理士の候補を知ることができます。

税理士に相続税申告の依頼をするまでの事前準備

税理士に相続の連絡をする前に大まかな相続財産を確認しておきましょう。相続財産の額と相続人の数が相続税が発生するかしないかの判断材料になります。また多くの税理士が相続残さんをもとに報酬額を決定します。税理士によって異なりますが資産総額の0.5~1.5%くらいの報酬を請求されることが多いようです。

相続財産に含まれるもの

不動産

大まかな土地・建物の価値を税理士に伝える必要がある為「固定資産税納税通知書」を準備しておきましょう。

預貯金

相続が発生した日が含まれる被相続人が使用していたすべての中朝を準備しておきましょう。

株などの有価証券

可能であれば相続が発生した日の終値、相続が発生した月の終値の平均、相続が発生する前月の終値の平均、前々月の終値の平均を確認しておきましょう。

見落としがちな相続財産

生命保険金

生命保険金は被相続者が死亡した後に振り込まれるため見落としがちですが、保険金の振り込み決済通知書、お支払明細書などを準備しておきましょう。通帳も確認し把握していない保険金の入金がないかも確認しておきましょう。

死亡退職金

被相続人が亡くなったことによって遺族が受け取る死亡退職金も保険金と同様にみなし財産となり相続財産の対象になります。被相続人が所属していた会社から振り込まれる死亡退職金の額も確認しておきましょう。

負の相続財産がないかどうか確認

借金やローン、リースなどが残っていないかも確認しておきましょう。相続税申告の際には相続財産から相殺することもできます。また府の財産が多い場合は相続放棄や限定承認を検討する必要が出てきます。

税理士TOPに戻る

相続・遺言のカテゴリ一覧