終活の最新情報をお届け

法律が絡む問題は専門家に相談を 相続・遺言のすべて

預金、不動産、車…相続の手続きが必要なものはたくさんあります。法律上の落とし穴も多く、正しく理解していないと大変なことに!経験豊富な専門家に相談して、早めに学んでおきましょう。

行政書士と税理士はどう違う?相続における違いを解説

相続の相談は誰にする?

相続は一生に何度もあるものではありませんので、いざ相続が発生すると誰に相談したらいいか迷うとおもいます。遺産相続に関連する国家資格者として、税理士・司法書士・弁護士・行政書士の4つがありますが、それぞれの違いと誰に相談したらいいかについてご紹介いたします。

相続税の相談は税理士へ

税務相談や税務署類の作成、税務代理は税理士のみが担当することができます。よって、相続税対策や相続税申告など、税金に関することは税理士に相談しましょう。

税理士が対応できること

相続税の申告をする際に税額を計算したり、申告書を代わりに書いて提出したり、必要であれば税務署と折衝したりします。税金の相談と申告代理は税理士だけが許可された業務なので、相続税を申告するときや被相続人の準確定申告をするときには、税理士に依頼することになります。また、生前に相続税対策をする場合にも、具体的な税金の計算を行って予測を立て対策をしてもらうためには、税理士に相談します。特に、生前対策において、贈与をすると贈与税が発生、不動産を売却すると譲渡所得税が発生し、それらの税金と合わせてトータルで対策を考える必要がありますので、自分がある程度できそうな場合でも、一度は税理士に相談してアドバイスを求めるといいでしょう。

税金以外の業務

遺言書作成について税理士は対応できますが、遺言書作成のみで積極的に案件を受けることはなく、どちらかというと、相続税対策とセットになります。遺産分割協議書の作成について、相続税申告を行うためであれば、税理士も対応可能です。ただし、遺産分割協議の代理をしたり、遺産分割協議書作成だけを請け負うことはできません。

相続のサポートを税理士に依頼する場合

税理士は税務の専門家であり、相続財産の調査・評価や相続税の節税といった作業を任せることに適しています。特に相続税の節税に関しては、税理士の力が一番発揮されるプロセスといえます。相続税の節税は生前贈与や現金の不動産化などといったさまざまな手法があり、いずれが適しているかを判断するにはやはり税理士のようなプロフェッショナルの協力が不可欠です。ただ、それぞれの節税の手法の効果を最大限発揮するのは税理士の腕にかかっています。また、税理士は相続税の申告のサポートも行ってくれます。被相続人が事業をしていた際に発生する、準確定申告のような煩雑な手続きが必要となる場合は税理士に依頼した方がスムーズに進むでしょう

注意したいポイント

節税の効果は税理士の手腕によって左右されるといっても過言ではなく、担当する税理士によって効果が大きく異なります。そのため、税理士に相続のサポートを頼む際には、実績にも注目しておくようにしておきましょう。さらに税理士によっては事業承継を支援してくれるケースもあります。事業承継は後継者に株式を相続させたり、取得させたりするプロセスがありますが、経験豊富な税理士がサポートをしていれば後継者にかかる税金の負担を大きく減らせるでしょ

遺産分割協議書作成だけなら行政書士へ

行政書士は、相続に関するあらゆる事務手続きと関連する書類の作成や収集を行います。

行政書士が対応できること

行政書士は「書類作成のエキスパート」であり、遺産相続においては、遺産分割協議書や遺言書を作成することができます。相続でもめていない、相続税申告も発生しない、相続登記もないという場合には、遺産分割協議書作成を行政書士に依頼するといいでしょう。相続が発生すると被相続人の口座が凍結されてしまい、解除するには、遺産分割協議書が必要になりますが、行政書士であれば比較的安価な報酬で対応してもらえます。

行政書士に依頼する場合

行政書士が行う相続のサポートは司法書士と似通っており、主に書類作成がメインとなります。相続においては遺言者や遺産分割協議書などといった、書類の作成が行政書士の主な仕事となるでしょう。

注意したいポイント

行政書士は基本的に書類作成が主な仕事であるため、登記や遺留分減殺請求、事業承継などといった場面ではサポートを受けられないため注意しておきましょう。

相続時にトラブルがあれば弁護士に相談しよう

弁護士は訴訟の専門家であり、相続における主な業務は、相続人の代理人としての交渉や訴訟がメインになります。相続人の間に争いがない場合の各種手続きであれば司法書士に依頼した方が費用を抑えられますが、裁判での相続人の代理人業務は司法書士はじめ他の専門家にはできませんので、遺産を巡って紛争になった場合は、迷わず弁護士に依頼した方が良いでしょう。

相続の相談を専門家にすることはなぜ大切なのか

専門家に相続の相談をすることは大切なことであり、被相続人の理想的な相続を実現するうえで大きな力になります。それでは、なぜ専門家に相続の相談をすることが大切なのかをご紹介します。

相続財産の整理

相続は、単純に相続財産を相続人に引き継がせて終わりというものではありません。相続人が引き継ぎやすいように相続財産を整理したり、相続税の節税対策を行ったりする場合は、専門家のサポートがあるとスムーズに作業が進められます。

遺言書の作成

相続の際には、他の相続人が納得できるような内容の遺言書を作成することも重要です。この作業は被相続人の判断能力が健全なうちに進めておきたいものなので、相続が発生する数年前から専門家のアドバイスを受けながら行うことをおすすめします。

相続における書類の作成

相続の手続きは作成する書類が多く、煩雑なものも多いです。相続財産に不動産が含まれている場合は変更登記を行わなければならないうえ、相続税のために相続財産の調査や評価を行う必要もあるので、専門家の協力が必要になります。

相続トラブルの抑制

相続人が複数人いる場合は、相続トラブルが発生するリスクを念頭に置いておかなければいけません。被相続人の遺言書がないようなケースであると、相続人同士で相続財産の分配について話し合う遺産分割協議を行うことになります。遺産分割協議は形式こそ自由ですが、相続人同士が納得できる結果にすることは簡単なことではありません。それこそ映画やドラマのような争いが発生してしまう恐れもあるため、弁護士や税理士などといった協議をまとめる専門家がいれば話し合いもスムーズに進みます。

税理士TOPに戻る

相続・遺言のカテゴリ一覧