終活の最新情報をお届け

法律が絡む問題は専門家に相談を 相続・遺言のすべて

預金、不動産、車…相続の手続きが必要なものはたくさんあります。法律上の落とし穴も多く、正しく理解していないと大変なことに!経験豊富な専門家に相談して、早めに学んでおきましょう。

相続は弁護士と税理士資格を2つ持っている法律事務所に相談すべき?

相続の相談はどの専門家にする?

初めて相続に関する申告や相続税を納付する場合、どの士業に相談すれば良いか迷ってしまいます。特に、相続に関してトラブルが発生している場合、誰に頼めば良いのでしょうか?また、節税をしっかり行いたい場合は誰に相談すれば良いのでしょう?

弁護士にすべき相続の相談

士業(弁護士・税理士・司法書士)の種類に関わらず、どの士業も守秘義務を守り相続について相談することができます。どの士業に相談するかは、相続について何を相談するのかによってかわってきます。遺産分割に関するトラブルなのかや節税に関する相談なのか、相続放棄についてなのか…。まずは、弁護士に相談すべきケースについてご紹介します。

遺産分割協議でのトラブル

まずは、遺産分割について相続人の間でトラブルがあった場合についてです。遺産分割について法的処置が必要なトラブルとなった場合は、弁護士に相談しましょう。実は、士業の中でも、法的な手続きで代理人になることができるのは弁護士だけです。

相続財産の調査

相続が発生したものの、財産の全貌が見えずに調査が必要な場合も弁護士に相談してみましょう。弁護士は、相続調査をスムーズに行うことができます。現金・預金・有価証券・不動産・車・会社の株式や近海などの遺産の全貌を明らかにして、プラスの財産・マイナスの財産ともにまとめてもらえます。

代理人の依頼

税理士や司法書士は代理人になることができません。また、遺産分割協議を行った時、遺産分割協議書を作成しますが、遺産分割協議書の作成についても、弁護士に代理人を依頼することができます。協議が終わったら遺産分割協議書も作ってくれるので、手続きもスムーズに進みます。

税理士にすべき相続の相談

税理士には、節税について相談するようにしましょう。特に相続税についての相談は、相続専門の税理士に相談するのがいいでしょう。

節税について相談

相続が発生した場合、決められた期限内に相続税を申告して納付する必要があります。また、相続税をできるだけ節税をしたいという場合、相続税が発生する前に準備をしなければいけません。節税の方法には様々なものがあり、どの方法を使うのがベストかは被相続人や相続人の状況や財産の量・種類によって変わってきます。

資産の評価額によって変わる相続税

相続税がいくら課税されるかは、その税理士の力量によって変わってきます。だからこそ、相続に関する節税は、相続専門の税理士に依頼するのが最良といえます。例えば、土地や物件の評価額は誰が計算しても同じにはなりません。評価額が異なれば、その資産にかかる相続税が変わってきます。税理士にも様々なタイプの人がいて、しっかり納税することが正義であると思っている税理士もいます。そういった税理士に頼むと膨大な金額の納税をしなければいけません。また、ほとんどの税理士は、確定申告や決算の仕事をメインとしており、相続に関してあまり詳しくないことが多いです。一方で、相続専門の税理士であれば、できるだけ相続税評価額を低くし、相続に関する節税アドバイスを受けることができます。

相続の相談はワンストップサービスを受けられる事務所がオススメ!

これまでご紹介したように、遺産相続問題を相談したい場合、弁護士であれば比較的広範囲に対応してもらえますし、トラブル予防や解決力も高いので、非常に役に立ちます。ただ、弁護士は相続税の節税対策や税務申告をしてくれないので、どうしても税理士に依頼しなければなりません。弁護士に相談したら、ワンストップで税務申告の問題まで解決したいと思っている方は多いでしょう。実は、そのような希望を叶えてくれる事務所があるので、これからご紹介いたします。

税理士業をしている弁護士

数は多くありませんが、弁護士の中には税理士業をしている人がいます。このような弁護士に相続問題をお願いすると、法律問題と税理問題の両方を一挙に相談して対応してもらえるので、非常に大きなメリットがあります。遺産分割を進める際にも、支払うことになる相続税を減らすことを見越して条件交渉をすることができます。単純に弁護士に遺産分割を依頼すると、相続税のことにはあまり考えが及ばないので、とにかく大目に遺産を獲得することに集中してしまいがちですが、税務面の視点も持っている弁護士なら、税金と法律の両方の面を考えて、最終的に利益のある方法を選んでもらうことができます。

税理士が在籍している弁護士事務所

次にご紹介するのは、税理士が在籍している事務所です。弁護士が税理士などと共同経営をしていたり、これらの専門家を雇っていたりします。事務所内に隣接士業がいるので、相続税の申告は非常にスムーズです。当初の相談の段階から、事務所の税理士などに一緒に話を聞いてもらえることも多く、事案の内容が伝わりやすいメリットもあります。税理士が事務所内にいる場合、事務所名は「法律税務事務所」などと法律と税務の両方に対応していることが分かる名前になっていることが多いです。

税理士と提携している弁護士事務所

次にご紹介したいのが、税理士と提携している弁護士事務所があります。こういった弁護士事務所に相続手続きをお願いすると、法律問題は弁護士に解決してもらえて、相続税が発生するときは税理士を紹介してもらえるので、自分で税理士を探さなくて済みとっても楽です。こうした弁護士事務所は、ホームページ上に「ワンストップサービスを受けられます」とか「税理士と提携しています」「隣接士業と提携しています」などと書いてあることが多いです。相続問題を解決するなら、なるべくこういった他士業との提携関係がある事務所を探してみましょう。

失敗しない専門家の選び方

ご紹介しました、数種類の士業が一緒になって事務所を経営する「ワンストップサービス」ですが、一か所で手続きが終わる便利さがあります。しかし、専門家である前に、1人の人間として親身になって相談に乗ってくれるのかなどを判断材料として相手を探すことの方が重要です。あまり気負わずに「初回無料相談」の提示をしている専門家に電話してみてはいかがでしょうか?

相続人間で争いがないなら弁護士以外でも対応できる

弁護士は他の当事者と交渉を行ったり、裁判所の手続きを代理できるなど、相続手続きにおいて広範な権限を持っています。弁護士に相続手続きをお願いすれば、相続人間で争いが起こっていても、手続き中にトラブルが起こった場合にも速やかに対応してもらえます。ただし、弁護士の報酬は一般的に高額ですから、争いのない案件なら、他の専門家に依頼した方が費用を安く抑えられます。

税理士TOPに戻る

相続・遺言のカテゴリ一覧