終活の最新情報をお届け

無理なく進める方法を教えます!生前整理のススメ

使わないけど捨てられない大切な思い出の品、放置していませんか?便利なサービスを使って、無理なく整理する方法をご紹介します。

片付けの依頼

不用品整理を行う場合、大型の家具などがあるとどうして良いか迷ってしまいますよね。後ですればいいか…と思っていると大変なことになってしまう可能性が大です!早め早めに対策していきましょう!

大規模な片付けを外注すると数百万円必要なことも!

譲る

たまにテレビなどで特集されるゴミ屋敷問題ですが、ゴミのボリュームにもよりますがひどい場合は清掃費が100万円をゆうに超えてしまいます。
老後は若いころのように働いていないので、そんないきなりの出費となるとかなり痛いですよね・・・。
そうならないためにも、やはり普段から片付けの習慣を作っておくことが必要だと言えます。

どのように片付けを進めるべきか

断捨離を行うにあたって、一番コストが掛からず効率的なのが、「自分である程度整理整頓を行い、大型のものは業者に持って行ってもらう」であると考えられます。

  • 全て業者を利用した場合

    いわゆる便利屋などの初めから最後までをお手伝いしてくれる業者を利用すると、規模によっては100万円以上掛かってしまうことがあります。
    一通りの作業を全てスタッフが行ってくれるので、自分は何もしなくて良いのがメリットですが、スタッフの人数や手配するトラックの大きさによって料金が決まり、自力でやるよりかは遙かにコスパが悪いです。

    こんな人におすすめ

    • ・予算が十分にある人
    • ・あまりにも処分するものが多い人
    • ・自力では片付けが不可能な人
    全て業者を利用した場合
  • 全て自力で断捨離する場合

    粗大ごみなどを全て自力で処分する場合、粗大ごみを扱う市や区の施設まで持って行く必要があります。 粗大ごみの処分は事前に申し込みなどを行っておけば、どの方法よりも低価格で処分することが可能です。
    しかし粗大ごみ置き場まで持って行くための車や労力などを考えると、ある程度コストを掛けてでもプロにお任せしたほうが良いかもしれません。

    こんな人におすすめ

    • ・体力のある人
    • ・低コストで断捨離したい人
    • ・周りの協力がある人
    全て自力で断捨離する場合
  • ある程度自分でやって、大きなものは業者へ

    一番おすすめな方法が、ある程度の片付けと掃除を自分で行い、大きなものは業者へ廃棄を依頼する方法です。
    例えば不用品回収の場合は、処分するものの大きさにもよりますが、一つ2,000円~7,000円程度で引き受けてくれることが多いです。しかも家からの運び出しから処分までの運搬も業者が行ってくれるので、家が傷ついてしまうリスクを軽減し、ケガの心配もありません。数万円程度で断捨離が出来てしまうのでオススメです。
    また、不用品の中にはゴミとしてではなく、お金になるものも眠っているかもしれません。そんなときは不用品買取業者に査定を依頼してみるのが良いですよ。
    出張買取の場合は、鑑定士がご自宅まで派遣できてくれるので、店舗まで持って行かなくても良いので便利です。

    こんな人におすすめ

    • ・ある程度家が片付いている人
    • ・掃除や片付けの時間をとれる人
    ある程度自分でやって、大きなものは業者へ
おすすめの不用品買取業者はココ!

毎日30分の片付け習慣が家をきれいにする!

家が片付かないとお嘆きの方は、毎日30分の片付け・掃除を習慣化することが大事です。
割れ窓理論はご存知ですか?割れ窓理論とは、割れた窓があるだけで治安の悪化につながる(小さな犯罪を見逃しておくと、大きな犯罪につながる)という、アメリカの犯罪学者ジョージ・ケリングが考案した理論なのですが、これは自宅のお部屋にも当てはまるといわれています。

  • ・小さなごみが散乱
  • ・より大きなものが散乱するようになる
  • ・もはや手が付けられないくらい物で溢れかえる
  • ・ゴミ屋敷へ
  • ・心身の状態にも影響が出る可能性が

つまり、日頃からきちんとゴミ出しを心掛け、掃除や片付けを習慣化することによって、綺麗な状態をキープしておくと、その状態を保とうとする心理が働くようです。
そのため毎回散らかして一気に片づける、という方法ではなく、毎日の習慣として片付けや掃除を行っておくのがきれいな部屋をキープしておく秘訣だといえます。