終活の最新情報をお届け

無理なく進める方法を教えます!生前整理のススメ

使わないけど捨てられない大切な思い出の品、放置していませんか?便利なサービスを使って、無理なく整理する方法をご紹介します。

不用品処分

粗大ごみのような不用品ってついつい家に溜まりがちですよね。そんな普段のゴミ回収に捨てられないものはどうやって捨てたら良い?業者に頼むといくらくらい?を検証していきたいと思います。

粗大ごみの処分は行政に依頼するのが一番安い

粗大ごみに分類される家具や家電、寝具用品は、処分するのが面倒なゴミのうちの一つですよね。いつか捨てよう!と思っても、調べるのが面倒だったり、運ぶ方法がわからないことが多いです。
しかしコストを抑えて処分したい場合は、市や区の粗大ごみ処理場に持って行くのが一番ですよ。

粗大ごみの処分は行政に依頼するのが一番安い

行政施設に粗大ごみを捨てる方法

市や区の粗大ごみ収集場にごみ処理を依頼するときは、事前に予約が必要な場合が多いです。
地方などの場合は、予約なしでも捨てられるところもありますが、こういった場所は年末年始の大掃除などには大変混みあうことが予想されます。そのため、粗大ごみを行政の施設で処分する際には前もって準備が必要となります。

行政施設に粗大ごみを捨てる方法
  1. 処分したいものの大きさを確認する

    処分したいものが大きい場合、大きさを確認しましょう。縦×横×高さの大きさを測っておくと便利です。

  2. 捨てたい物の区分をお住まいの自治体HPで確認する

    お住まいの自治体HPで、自分の処分したい粗大ごみの分類を確認します。先ほど確認した寸法から、処分に必要な料金などを前もって確認しておきます。

  3. 予約を行う

    粗大ごみの処分に予約が必要な自治体の場合は、予約が必須です。予約なしで赴いても受け付けてもらえないので注意が必要です。

行政に回収してもらうのは日程が…

行政に回収してもらうと低価格で回収してもらうことができます。しかし注意していただきたいのが日程。
日程にはかなり余裕をもって回収してもらった方が良いでしょう。目安は2週間~1か月ほどかかることが多いようです。

行政に回収してもらうのは日程が…

持ち込みは早いが軽トラックなどが必要な場合も

運搬する際には車が必要な場合があります。普通車の場合は荷物が入りきらないことがほとんどなので、軽トラックをレンタルする、運搬サービスに依頼するなどの方法が必要です。
軽トラックを保有していたり、近くにレンタルできる場所があれば良いですが、そうでない場合は不用品回収業者に依頼した方が安くつく場合があります。

持ち込みは早いが軽トラックなどが必要な場合も

不用品回収業者に依頼する場合

不用品買取業者に依頼する場合、良心的なところに依頼できると非常に便利です。しかし不用品回収はトラブルが起きやすいサービスのひとつなので注意が必要です。

クレームにつながりやすい不用品回収業者

  • 無料~といいつつ無料ではない

    無料~といいつつ無料ではない
  • HP上の値段と実際に請求してくる料金が違う

    HP上の値段と実際に請求してくる料金が違う
  • 価値のあるものをゴミとして奪っていく

    価値のあるものをゴミとして奪っていく

このようなトラブルも報告されているようです・・・。特に高齢のご家庭の場合は、足元を見られてしまうこともあるので、子どもや親族を呼んで立ち会ってもらうことが詐欺の防止にもつながります。

不用品回収でトラブルが起きやすい理由

不用品回収でトラブルが起きやすい理由

不用品回収はトラブルが起きやすいサービスだと言われています。
不用品回収業者は、無料・超低価格で回収を謳っている業者が多く、お金を払うときになって思っていた以上の金額を請求された!という声があることが多いのです。

  • 業者のHP料金ではなく、一般的な回収料金をネットで探してみる。
  • 料金表は出張費用が含まれていないことも。
  • 家具などは業者が解体を行うので、やっぱり1万円以上掛かることも。
  • 即日対応と書いていても、実際にはほとんど回収できないことが多い。深夜料金が掛かることも。

やはり不用品回収業者というのは、そこそこ料金が掛かってしまうのが本当のようです。ただし!!!引っ越しの際などの家具家電一式を大量に回収してもらう場合は、一つあたりの回収費用が行政に頼む場合よりも安くなることもあるので、やはり相見積もりをとってみた方がよさそうですね!

悪質業者も!不用品回収で詐欺に遭わないために

悪質業者も!不用品回収で詐欺に遭わないために

不用品回収というのは、実は一般廃棄物収集運搬許可という許可が必要です。しかし街中で不用品回収を呼び掛けている業者などというのは、ほとんどが無許可で行われており、声をかけても実際には無料では引き取ってくれません。
大手の不用品回収業者の多くも一般廃棄物収集運搬許可は中々新規で取得することはできず、無許可で行っているところがほとんどになります。
街中のチラシや音声で声をかけている業者の多くは、産業廃棄物収集運搬業許可や古物商取引の許可は持っていると主張しています。

基本的に、一般廃棄物収集運搬許可を持っている業者しか、金銭を授受して不用品を回収することができません。不用品の場合、買取りたいという場合は古物商許可証でやり取りが可能です。
金銭を支払って不用品回収をした場合は、違法となりますので、無理な回収をしようとした場合はきちんとNoと主張しましょう。
そして、「なんだかおかしい」と感じたら、その場で回収はしないことをお勧めします。万が一回収して料金を支払ってしまった場合はすぐに消費者窓口などに相談するなどの対策をしましょう。

詐欺に遭わないための対策例

  • 自治体のHPに掲載されている一般廃棄物収集運搬許可を持っている業者に依頼する。

    自治体のHPに掲載されている一般廃棄物収集運搬許可を持っている業者に依頼する
  • 訪問や営業電話からの不用品回収サービスを利用しない。

    訪問や営業電話からの不用品回収サービスを利用しない
  • なるべく一人で対応せず、知り合いなどに立ち会ってもらう。

    なるべく一人で対応せず、知り合いなどに立ち会ってもらう
  • ボイスレコーダーなどを携帯してサービスを受ける。

    ボイスレコーダーなどを携帯してサービスを受ける
最近では「押し買い」といった高齢者を狙った悪質な業者もいるので、用心を重ねて利用しましょう。